3880円

LETかWimaxか

 

3880円のサービスはLETかWimaxとなる。
果たしてどちらがいいのだろうか、
両方使ってみたので参考にしてみてほしい。

 

 

通信制限がないのはWImaxだが・・

 

LETといえば、ドコモのクロッシやイーモバイルがある。
どちらも通信制限がある。
24時間ごととか、直近3日間で300万パケットなどがコレに当たる。
しかし、素人にはこれが実感できないのだ。

 

自分がどれだけのパケット数を使っているのかわからない。
だから、通信制限のないワイマックスは魅力的に見えるのだ。

 

利用する場所に制限があった?

 

家は相模原市という人口70万人の政令指定都市だ。
ワイマックスのエリア内である。

 

しかし、窓際でないと電波が受信できなかった。

 

家の中でいつもつかうあの場所で繋げるには、
5メートルの延長USBケーブルでなんとか接続していた。
▼5メートルの延長ケーブルに接続したUSB端末▼

 

この手間を気にならないのであればワイマックスでも問題はない。

 

▼窓際のカーテンレールにぶら下げたUSB端末▼

 

もちろん、家の外でモバイル接続するのも場所が限られる。
実際に使えるかどうかは、試してみないと分からない。

 

つまり、使える場所が決まっていて、そこでつながる事が事前に確認できれば
いくらでもパケット量を気にせずに使えるのがワイマックだった。

 

家の中でも外でも接続できるのがイーモバイル

 

一方、ワイマックスは携帯の電波を使っている。
携帯の電波は家の中でもつながるのが特徴だ。

 

つまり、どこでもつながるのがイーモバイル。

 

月3億パケット使ってみた

 

24時間ごとに300万パケットを使うと
夜の9時から2時まで制限がかかるのが
イーモバイルの通信制限。

 

先月は3億以上パケット使った。

 

1日あたり1000万パケットを超えることになった。
規制が入る300万パケットを超えているので、夜中には通信制限がかかっているらしい。

 

▼たくさん使った日の21時以降はこんな感じに▼

 

基本的に昼間しか仕事をしていないので
気にならないが、夜にネット動画などをみても
ストレスは感じない。

 

いつも使う場所が決まっているなら、ワイマックス。
(事前にTry Wimaxなど接続確認が必要だが・・)

どこでもつながるならイーモバイル。

 

ということになった。

 

 

いずれにせよ、2年とか1年の縛りがあり
通信費用を3880円支払い続けるリスクはある。

 

途中解約したい人は、違約金などをしっかりと確認してほしい