イーモバイル 解約 2年

待ちに待った、満了月が来た

 

10Gの帯域制限が始まってから、あっという間の2ヶ月。
2年0ヶ月という表示に切り替わった。

 

0120−736−157に電話して、解約専用窓口で待つこと20分・・。

 

一通り本人確認があったあと、聞かれたことは以下の通り。

 

担当者
「解約の理由を差し支えなければおしえてくれませんか。」

 

自分
「10G制限で機会損失がでたからです。」

 

担当者
「2年間継続されたお客様に新しいプランがあります。」

 

自分
「どんなプランですか。」

 

担当者
「ゼロプランといいます。使わなければ料金が発生しないプランです。2年契約です。
使った月だけ4400円。契約解除料は1万2060円(税込)になります。帯域制限は10Gバイトです。」

 

自分
「このプランはネットで公開していないのですか。書面で確認したいのですが・・。」

 

担当者
「私の口頭でご説明するだけとなります。」

 

なんともあやしいゼロプランである。
契約内容を書面で確認できないのに、こちらのリスクを感じた。契約は文面で交わすのが世の中の常識だからだ。

 

2年契約終了後だけに口頭通知させる0プランとは

 

 

使った月だけ4400円が発生する。
契約は2年契約
契約解除料金は1万2060円。
通信制限は10Gから入る。

 

んん・・。使わないで箱にいれておくだけで料金は発生しないが、なんだか落ち着かない。
また、契約したくなったら、今の割賦支払いが済んだ端末で、
9500円で解除できる月々3696円のLTEフラット2ねんの方がよい気がするが・・

 

解約は、契約解除料がかからない満了月で!とはっきり意思表示しよう!

 

ちなみに、アシスト1600の場合、満了月で解約しても契約解除料金(10286円)がかかる。
2年0ヶ月の満了月は10286円だ。

 

満了月の初日に電話したのだが、「解約したい」と言っただけで、どんどん解約手続きを進めてきたので、
あの・・、契約解除料がかからない移行月で解約したいのですが・・」とこちらの意思を、あたらためて表示した。
神経をとがらせて話さないと、あとあと双方の意思に違いがあったら大変だ。

 

10G制限が解約理由なのに、10G制限のあるゼロプランを提案する・・

 

顧客の解約理由と、新しく聞いたプランに若干のズレがあると感じました。

 

とはいえ、6年間、室内でも安定したネット接続ができて、
端末も3つ乗り換えてきました。
ADSL無料セットも快適につかっていた時期もありました。

 

イーモバイルさん、6年間の長い間の契約、どうもありがとうございました!
また、ご縁がありましたら、利用させていただくかもしれません!