田舎 ネット接続

最近は田舎のネット接続でもWiMAXが使えるようになりびっくりしています。

 

山の上の限界集落でもアンテナが4〜5本立つところもありました。

 

逆に田舎でエリアが○でも、建物の位置が電波の受信に悪かったり、、

 

といったことも多いです。

 

田舎はADSLとの基地局は遠いケースが多い

 

ADSLの基地局は人口が多いところにあるようです。
だから、人口の少ない田舎では必然的に基地局との距離が遠くなり
速度も遅くなってしまいます。

 

田舎では光回線が必須か

 

日本を最新のブロードバンド化にする、、なんて話を聞いた事がありますが、田舎での生活者で光回線を接続している人は多いです。
安定して高速回線を楽しむことが出来ます。
工事が必要であったり、初期費用が高く、1度契約して工事してしまったら、再度別の場所に引越ししずらい、などデメリットもあります。

 

モバイルルーターならば引っ越し先でもリスクは少ない

 

WiMAX2+のようなモバイルルーターならば、
田舎でも都会でも移動して使えるのは魅力的です。
山間部でも440Mbps対応エリアに対応している地域も増えてきています。
利用者が少ない分、回線をたっぷり使える可能性もあります。

 

エリアをきちんと調べてから、TryWimaxなどできちんとつながるか確かめてくださいね。